銅鐸は弥生時代に作られたものだ

音を鳴らしたようだが

用途は不明

当時日本には文字がないので記録がない

銅鐸に残された跡から様々推測するか

同時代の中国にあった似たものの使い方から推測するか?

しかない(中国には同時代に文字があったのでわかる事が多い)

しかし日本の銅鐸が何に使われていたかは推測の域は出ないだろう

これまでに出土した銅鐸は全国で約500個

博物館でしか見られないと思いきや個人所有者もいる

では? いくらで買えるのか?

およそ 1センチ 100万円だそうだ。。。。

1個200円で購入したフィギュア:
エポック社歴史ミュージアム
Amazonで見る:https://amzn.to/2NDolKx
Amazonで見る:https://amzn.to/2NDolKx
Amazonで見る:https://amzn.to/2NDolKx
弥生時代の風景:国立科学博物館
弥生時代の風景:国立科学博物館
弥生人の復元
上野国立科学博物館